人間100歳時代に突入している現代日本。そのため、これから保険料の負担が多くなると予想されています。そのため、病気になる前に健康な体を維持する予防医療が推進されているのです。健康な体を保つためには、まず食事に着目することが求められています。一体、どのような食品を摂るのが良いのでしょうか。

■DNAとRNAについて
フォーデイズ株式会社が着目している核酸とは、DNA・RNAのことです。DNAはデオキシリボ核酸といい「親から子へ、子から孫へと」という子孫代々続いていく特徴を伝えていく性質をもつ遺伝子本体として働いています。RNAはリボ核酸といい、DNAの情報をベースにしてタンパク質を合成する働きを持っています。

そもそも、人間の体は細胞から成り立っています。その数はおよそ37兆個とも言われており、その膨大な数の細胞の中心には細胞核が存在しています。その細胞核の中は酸性を示しているため、その中に存在する物質が核酸と言われているのです。タンパク質は骨や臓器、筋肉や爪などといった人間の体を構成する上で重要な意味を持っている栄養素です。このタンパク質に大きな関わりを持っている核酸に着目しているため、フォーデイズ株式会社は美容について強いのです。

■食材別の拡散含有量
核酸は多くの食品に含まれています。そのため、人間の生活には密接に関わりのある栄養素なのです。その中でも、肉や魚介類、豆類などには多く含まれていると言われています。それは、タンパク質を多く含む食材だからです。核酸とタンパク質は強く関係性が結びついているため、核酸を取りたいという人はこのような食材を積極的に摂るようにしましょう。

さらに、タンパク質を多く含む食材の中でも、鮭の白子は核酸を特に多く含むと言われています。その他には食用の酵母、あさり、牡蠣、海苔、豚のレバーなどに多く含まれているのです。しかし、闇雲にこれらの食材を摂ればいいという訳でもありません。栄養素のバランスを考えることも求められています。そのため、フォーデイズ株式会社が開発しているサプリメントなどが注目されているのです。

■核酸製品を上手に取り入れるための企業
DNAとRNAはフォーデイズ株式会社が注目している物質です。この2つは核酸と言われています。DNAは遺伝の特性を司っており、RNAはその要素を使ってタンパク質を合成していく働きを持っています。タンパク質は体を構成する重要な栄養素であるため、美容に役立つ製品を多く開発しているフォーデイズ株式会社は核酸研究を欠かさないのです。

また、核酸を多く含む食品はタンパク質を多く含む肉や魚介類、豆類などです。特に鮭の白子や食用酵母などには多く含まれています。しかし、正常な暮らしをしていく中で、これらの食材を毎日摂るのはなかなか難しいという人も多いでしょう。さらに、栄養バランスも考えなければいけません。そのため、日常生活に核酸を取り入れるためにはフォーデイズ株式会社が提供しているサプリメントなどがおすすめです。